スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金網の鬼」ラッシャー木村 死す! 

カテゴリ:日記

今日はマニアックな記事ですので、あらかじめ御容赦くださいm(_ _)m

昨夜のニュースで一番衝撃を受けたニュース
「金網の鬼」ラッシャー木村 死す!
また昭和プロレスが消えていく・・・

晩年は「マイクパフォーマンス」で有名でしたが、若かりし頃ついた異名が
『金網の鬼』
大昔、「国際プロレス」という団体があった。
華やかにTV放映されてた
「新日本プロレス」(アントニオ猪木)
「全日本プロレス」(ジャイアント馬場)
に隠れ(?)、それでも海外の有名レスラーを呼んでた。
20080520-00.jpg

改めて当時のポスターを見ると・・・
「帝王:バーンガニア」「鉄人:ルーテーズ」「人間風車:ビルロビンソン」「大巨人:アンドレザジャイアント」「放浪の殺し屋:ジプシージョー」「金髪狼:ニックボックウィンクル」「流血大王:キラートーアカマタ」・・・
など、すごいメンバーを招待していたのがわかる。
その団体のエースがラッシャー木村。

そして、日本で最初に「金網デスマッチ」を取り入れたのも国際プロレス。
リング四方を金網で囲み、逃げられない状況で試合をする。
初めてその名前を聞いた時は、当時子供ながら衝撃を覚えたのを覚えてます。。。

そして、木村の運命を変えた新日本プロレス参戦
※「気合だぁー」で有名なアニマル浜口もいます

「1981年9月23日、田園コロシアムで行われた新日本プロレスの興行にアニマル浜口、寺西勇を連れて現れた木村は、リング上でマイクを取ると、決意表明に先立ち、まずは、集まってくれた観客に対し挨拶をしなければと思い「こんばんは…」と丁重に挨拶を行なった。これは団体対決に付き物の殺伐とした雰囲気を好む当時のファンを拍子抜けさせ、会場の失笑を買った。」※Wikipediaより
[広告] VPS


「金網の鬼」
「国際はぐれ軍団」
「マイクパフォーマンス」
時代時代に合わせた生き方をしてきた、間違いなく昭和を代表するレスラーです。

合掌

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊岡情報へ ※豊岡とは関係ありませんが(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

コメント

Re: 「金網の鬼」ラッシャー木村 死す!

 かろうじて、アニマル浜口しか分からない(笑)
 でも昭和を代表するレスラーなのね(o´∀`o)ノ
 私は、ぶっちゃーが印象的だわ(笑)

ゆうさんへ

そうでしょうね(#^.^#)

外国人選手はマニア受けする玄人さん揃いで、一般の方には浸透してませんから(笑)

マニアックな記事にコメントありがとうございましたm(_ _)m
明日からノーマル記事に戻ります(#^.^#)

小さい頃から聞き慣れた名前の方が亡くなると、なんか悲しく淋しい気持ちになります…

金網デスマッチって大仁田さんのイメージが強いんですが、かなり前からあったんですね。

たまにはマニアネタもいいんじゃないですかi-179

じょびんぬさんへ

金網デスマッチの元祖はラッシャー木村です。
でもこれがなければ大仁田厚の
・ノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチ(汐留)←ビデオ買った
・ノーロープ有刺鉄線金網電流爆破デスマッチ(川崎球場)←見に行った♪
・有刺鉄線バリケードマット地雷爆破デスマッチ(万博公園)←見に行った♪
等もなかったでしょう。。。

あーマニアックネタ出してスッキリした(#^.^#)

ええええ~~~~★☆\(◎o◎)/!

知らなかった。昨日のニュースチェックしてなかった。
知ってるよ~~。弟とプロレス良く見てたもん。
私はそんなに興味なかったけど
昔はテレビが一つしかなかったからね( ̄▽ ̄;)。
このポスターにはないけど
アブドラ・ザ・ブッチャーなんて人もいたねえ

ま、そんなマニアじゃないけど
ラッシャー木村様・・・・そうですか。
ご冥福をお祈りします。

らんらんらんさんへ

まぁ決してメジャーなレスラーじゃないからね(#^.^#)

※ブッチャーは超メジャーレスラーです。悪役なのにかわいい(笑)

ラッシャー木村は試合後にマイク持ってしゃべるんやけど、試合会場地域の情報を調べてて
「○○のお餅はうまい!!」
「○○の景色はきれいだから行っとけ!!」
みたいなパフォーマンスもしてました☆

ブログがない時代のマイクによる地域情報発信・・・みたいな感じかな(#^.^#)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。