スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省中に読書【眠りの森:東野圭吾】※美しく切ない悲恋ストーリー 

カテゴリ:東野 圭吾

先週に続き、加賀恭一郎の2つ目の事件

眠れる森
眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)
(1992/04/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?
完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。
美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。
若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。
華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。

<感想>
美しい。。。
そして切ない。。。
でも読んだあとはすごく納得できる作品です。
登場人物は10名程度いますが、
それぞれ微妙につながっているのを紐解いていく
「本格推理小説」です。
その登場人物に感情移入してしまう。
さすが東野作品です。
この小説には犯人はいますが、悪人はいません。

男性よりも女性に読んでほしい作品です。

あー切ない。。。

「加賀恭一郎」
この物語でも、かなりかっこいいです。
TVドラマ「新参者」で阿部寛をみてから
完全に一体化してます。
加賀になったつもりで毎日頑張ってみよ(#^.^#)

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書 ジャンル : 小説・文学

コメント

想像の世界ですが「バレエ」と「眠りの森」というタイトルから切なさが伝わる感じがします。

私はドラマ見てなかったんで分からないけど
加賀恭一郎はこれまた勝手な想像で颯爽としたイメージです。
お仕事バリバリがんばってきてください!

じょびんぬさんへ

ほんとはね、何が切ないのか書きたいんやけど
推理小説としては完全にネタバレになってしまうので
抽象的にしか書けません。
まぁこんな本を読んでると流しておいてください(#^.^#)

加賀恭一郎=阿部寛
阿部寛≠なおき
です(笑)

切ないのか・・・・。

登場人物10人と聞いて ちょっと理解できるか?と不安になったけど
女のひとに呼んで欲しいのね?
了解!
東野だけど。読みます!!(キッパリ)

らんらんらんさんへ

東野だけど・・・
東野だから読んでください(#^.^#)
結構人気ランキングでも上位のようです。
「白夜行」みたいなドロドロはありませんし(^_^;)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。