スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書【Another:綾辻行人】※表紙怖すぎ 

カテゴリ:読書

前から気になってたけど、豊岡の本屋さんに置いてなかったのであきらめかけてたのですが・・・

本屋さんに勤める友人に聞くと「1冊だけある」ということだったので、売り切れる前に購入した本作品。

綾辻行人「Another」
AnotherAnother
(2009/10/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る


<紹介文>
その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。
1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。
不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。
そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?
秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。

<感想>
小説は「ノンフィクション」と書いてあるもの以外はすべて「フィクション」つまり「作り話」であって、俺の好きな東野圭吾作品もすべて作り話。
もちろんそれはわかってるんやけど・・・
本作品のジャンルは「青春ホラー」というジャンルらしい。
要は「犯人が(不可解な現象)の力を装った殺人」ではなく「(不可解な現象)の力が人を殺す」というのをまず認めなきゃいけない作品。
その上で、一種の「魔女狩り」的な要素を追及するといったストーリー。

・・・
俺は(不可解な現象)は認めない ・・(。´・_・`)ゞ

だって・・・それを認めちゃうと、怖くて寮で1人暮らしできなくなるから(笑)

なので、最後まで犯人の不可能トリックを信じて読み終えたけど、期待した「犯人」はでてきませんでした(#^.^#)

でもそこは流石、綾辻作品☆

展開は十分引き付けられます。

Part1  What?・・・・・・Why?

Part2  How?・・・・・・・Who?

という目次、まさにそのとおりの疑問が解明されていきます。

ただ、ある「館」シリーズの結末と似てるように感じるのは俺だけ???
(禁句!?)

本文673Pの大作単行本、かなり重いです(#^.^#)

・・・にしても表紙イラスト怖すぎ!!

ブックカバーしたまま棚に置いてます(笑)

ホラーokな方にお勧め

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
ヨロシクデス!! ∑(。>д<。)ゞ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書 ジャンル : 小説・文学

コメント

No title

 不可解な現象は私も認めたくないです(笑)
 実は私が結婚してから住んでる今の家での話し⇒http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/39384/blogkey/11262/

 なおきさんも、同じこと思ったのね(笑)
 私も館シリーズの結末と似てると思いました(#^.^#)
 しかも、この本は、本棚からはみ出る分厚さですよね(笑)
 早く次の館シリーズが読みたいですね~~~♪

ゆうさんへ

のんびりした性格としても、そこまで不思議な事があるのに大丈夫やったんですね(^_^;)

寮の場合、上の階の生活音がたまに聞こえるので、(不可解な現象)が起きたとしても上の階の住人と思い込むようにします(笑)

ちょっと今回の「Another」は、過度な期待感までは満足させてもらえませんでした
( ;∀;)

やはり俺は、リアリティのあるミステリーの方が好きですね☆

うーむヽ(ヽ>ω<)

ホラーはねぇ??
ほら、なんか 
ワタシのイメージに合わないでしょ?(←そこ?)
読まないんですよ☆

でも、人を怖がらせるのダイスキ!!
こんどロウソク灯して 髪をおろして 寮の廊下を午前2時にあるいてあげましょう☆

らんらんらんさんへ

らんらんらんさんにホラーのイメージ・・・

ほらぁ♡

って感じでしょうか(笑)


そんな格好で寮の廊下歩いてるの見たら・・・

晩酌誘います(#^.^#)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。