スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張中の読書【どちらかが彼女を殺した:東野圭吾】 

カテゴリ:東野 圭吾

大阪帰りに買ったのが

どちらかが彼女した
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
(1999/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


理由は、前回の「天空の蜂」は分厚くて、片道3時間では読みきれなかったから、とりあえずもう少し薄いのを選んだ(笑)

これは俺の好みの「どストライク!!」

結構こういう「読者への挑戦」ものには本気で挑戦し、いつも破れてます(-_-メ)

しかも、本文で犯人の名前が出て来ない!!

袋綴じ解説をあける前になんとか真相を究明しようとしましたが、無理でした。

作中に出てくる数々の「布石」、いや~さすが

解説を見た途端に負けを認めてしまいました。


過去の自分の中の読書ランキングでもかなり上位に入ってきた。

1位は断然「十角館の殺人」(綾辻行人)やけどね。



真相がわかった瞬間に、背中に電流の走ったのはこれが最初やから。

まだ若かりし頃やったなぁ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書 ジャンル : 小説・文学

コメント

No title

 初めまして。
 掲示板を見て、こちらへ伺いました。
 確かに東野圭吾氏の、この作品も面白いですが、私もダントツで、綾辻行人氏の十角館の殺人が一番です。
 私はずっと読む側だったのですが、とうとう自分でも去年から書き始めてしまいました(笑)

 長文失礼致しました。

団子ゆうさんへ

ありがとうございます。

十角館のファンの方に訪問いただいて、ただただ感謝です(笑)

団子ゆうさんの作品も、楽しみにしていますので・・・

頑張ってください☆

Re: 東野圭吾を一気に2冊 2

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さんへ

トラックバック、どうもうまくいきません(途中でエラー)

やり方がおかしいのかな・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どちらかが彼女を殺した 東野圭吾

偽装を施され、妹は殺された。警察官である兄が割り出した容疑者は二人。 犯人は妹の親友か、かつての恋人か。その前に立ちはだかる練馬署の...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。