スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張中に読書【殺人の門:東野圭吾】※おどろおどろしいタイトルですが人間ドラマです 

カテゴリ:東野 圭吾

先月、出張が多かったのでいろいろ読めました☆
こちらも古い東野作品です。
ブックオフで入手しました(^_^;)

殺人の門
殺人の門 (角川文庫)殺人の門 (角川文庫)
(2006/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

<感想>
おどろおどろしいタイトルですが、内容は推理小説ではありません(^_^;)
612Pにも及ぶ作品です。
でも、すごくおもしろかった(^o^)
まずこの作品、「私」こと田島和幸の言葉(告白)でストーリーが展開されます。
場面展開があまりないので、非常にわかりやすい流れになってます。
ただ、この男にイライラする作品です(^_^;)
何回も何回も騙され、
「もう気づくやろ!」
というツッコミが入りそうな生真面目な男です。
それに比べ、悪友の倉持修の見事なまでの詐欺師ぶり(笑)
彼に興味を持ちます。

作風的に「白夜行」「幻夜」と同じような展開なので
もっと話題になってもいいと思います。
俺は結構上位にランクする作品です。
でも話題にならないのは主人公のキャラでしょうか(笑)

<この本の教訓>
世のご主人方!
急に女性から甘い誘惑があっても
ふりきりましょう!
危険です!!


にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村



テーマ : 小説 ジャンル : 小説・文学

出張中に読書【宿命:東野圭吾】※推理小説というより人間ドラマ 

カテゴリ:東野 圭吾

東野圭吾の漢字2文字作品もだいぶ制覇しました。
これも前評判の高い作品で、やっと読む事ができました。

宿命
宿命 (講談社文庫)宿命 (講談社文庫)
(1993/07/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、
苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。
男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、
奇しくも初恋の女の夫となっていた。
刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、
余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。

<感想>
これは1993年ですから、約20年前の作品です。
そんな昔の作品なので、たとえば携帯がなかったりネットがなかったり
時代背景に差異があるものの、ストーリーは好きですね~。
一応殺人事件が起こるのですが、その犯人あてがメインではなく(ややネタバレ)
犯人当てと並行して進むもう1つのストーリーがメインです。
裏書きのとおり、二人の男性の宿命を描いてるのですが
「互いに気になる存在」というこの二人の設定は現実的で好きです。

少し非現実的な部分もありますので、極端に現実主義者的の方には不向きです。
「人間の尊厳」という重いテーマも含めながら、結末は妙に爽やかです。

ドラマで見たいなぁって思ってたら
藤木直人vs柏原崇でドラマ化されてたらしい(wowwow)

しかし・・・
初恋の女性がライバルの奥さんっていうのは嫌なパターンですねぇ
そういえば、俺の初恋の相手は今頃どうしているんやろなぁ
・・・幼稚園の時、同じクラスの子が初恋でした。
なつかしい~(´∀`)

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村




テーマ : 小説 ジャンル : 小説・文学

帰省中に読書【魔球:東野圭吾】※なんて哀しいストーリー。・゚・(ノД`)・゚・。 

カテゴリ:東野 圭吾

めちゃめちゃ読書から遠ざかってました(^_^;)
俺は食うだけの人間ではありません。
「趣味:読書」です(笑)

かなり古い作品です。
初版は1991年ですし、物語の設定は・・・
東京オリンピックの年です(;・∀・)
でも、ストーリーは今でも充分理解できる作品です。

魔球
魔球 (講談社文庫)魔球 (講談社文庫)
(1991/06/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
9回裏2死満塁、春の選抜高校野球大会、
開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた!
すべてはこの1球に込められていた……
捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。
野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。
高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

<感想>
哀しい過去を背負ったエース。
「貧しさ」という点を強調するなら
やはり昭和39年という設定が必要だったんでしょうか。
すごく登場人物1人1人に意味があり、
さすが東野、無駄な描写がないです。
タイトルの「魔球」という言葉が
やはりすべてをものがたってますね。

比べるのは申し訳ないですが
エースの背負った暗い過去、
「家政婦のミタ」の過去の告白とかぶってしまいました(;・∀・)

過去にいろいろあった事は変える事はできません。
未来を・・・明日をみつめて
がんばっていきてほしいです。

そして・・・魔球はやはり魔球
悪魔の魔です。
でも悪魔はでてきません(´∀`)

野球好きの方にオススメかな

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村



テーマ : 小説 ジャンル : 小説・文学

帰省中に読書【時生:東野圭吾】※これで泣けない父親がいるか!? 

カテゴリ:東野 圭吾

久々の読書になってしまった(;・∀・)
さぼってた訳ではなく、スマホのゲームにはまってて・・・
(それをさぼってたと言う)

時生(トキオ)
時生 (講談社文庫)時生 (講談社文庫)
(2005/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。
どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。
過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

<感想>
いや~実にいい☆
特に男性、しかも息子のいる父親には読んでほしい作品です。
「トキオ」というのはまぎれもなく、主人公の息子です。
不治の病で間もなく旅立とうとする愛息子。
その息子と20年以上前に出会ってた。。。
これだけ聞くとドラえもんの「タイムマシ~ン」の世界のようですが、
そこは東野圭吾☆
さも現実にありえるような展開になってます。
過去の主人公が悪かった時代、
少しハードボイルドっぽい描写もありますが
「どうしようもない男」ってのがよく伝わります(^_^;)
※少しダラダラ感がなくもないですが・・・

これ読むと、Jr.ともっと思い出を作りたくなりました(´∀`)

よ~し、
次に帰ったら、Jr.と遊ぶぞーーーー!!
って、宿題とクラブと塾で忙しそう(;・∀・)
よ~し、
宿題の邪魔しないよう1人でテレビ見よう(笑)

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村




テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

帰省中に読書【名探偵の掟:東野圭吾】※推理小説ファン必見の痛快作 

カテゴリ:東野 圭吾

この本もブックオフで入手しました。

名探偵の掟
名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
(1999/07/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


<裏書き>
完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。
フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。
すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、
恐るべき「ミステリ界の謎」とは?
本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。

<感想>
推理小説には様々なパターンがあります。
読者も「その世界」にどっぷりとつかる覚悟をして小説を読むのですが、
この作品はそれらの「お約束」を笑いにかえてます(^_^;)
それだけなら推理小説ファンを敵にまわすことになるでしょうが、
そこは東野圭吾☆
きっちりおもしろく結んでいます。
そして・・・
今まで、じっくり読まず、流すように読んでいた自分に気づかされます(;・∀・)
「もっと真剣に小説を読んでください!」
って言われてるような気分になる小説です。

これは「推理小説ファン」向けの作品でしょうね。
笑いながらも、反省する自分がいました。。。

これ、松田翔太主演でドラマになってたようです。
見ておくべきやった。

※腰をすえて読む作品ではありません(^_^;)


先週からフジテレビで「東野圭吾3週連続」のドラマやってますね(#^.^#)
これも俺のブログの影響でしょうか・・・
※読んで紹介した作品は1つしかないけど(笑)
「11文字の殺人」
「ブルータスの心臓」
「回廊邸殺人事件」<=ブログで「映像化は不可能」と断言してたのに(笑)
楽しみです♪

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村



テーマ : 読書記録 ジャンル : 小説・文学


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。